HOME > 最新情報

「第15回西郷隆盛をしのぶ維新ふるさと館書道展」審査結果のお知らせ

「第15回西郷隆盛をしのぶ維新ふるさと館書道展」の受賞者が決定いたしましたので、ご案内申し上げます。

この書道展は、西郷が没した9月24日をはさむ30日間、広く募集した西郷関連の書道作品を展示し、

郷土の偉人西郷隆盛の人徳と偉業をしのぶとともに、郷土への関心を高めることを目的に開催するものです。

 

※作品の展示期間は、令和4年9月23日(金・祝)~10月22日(土)です
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、状況によっては変更や中止になる場合もございます。
その際は、ホームページにてお知らせいたします。

 

今回は小・中学校の部、高校・一般の部に1,529点の応募があり、審査の結果、特別賞など486点が決定しました。

多数のご出品ありがとうございました。

結果は下記の通りです。

第15回西郷隆盛をしのぶ維新ふるさと館書道展 受賞者名簿

薩摩偉人 維新伝心隊による「維新演劇シアター」

維新ふるさと館 presents

薩摩偉人 維新伝心隊による『維新演劇シアター』

鹿児島の歴史をわかりやすく楽しくお届けする「維新演劇シアター」

忠実に創作を織り交ぜた現代風歴史物語を、役者扮する鹿児島ゆかりの偉人たちが

身近にわかりやすく語る“創作歴史コント”です。

 

上演日時: 11月20日(日)、11月27日(日)

12月25日(日)、1月1日(日)元日、1月8日(日)

上演時間: 12:30~13:00(30分間)

会場:維新ふるさと館 地階「維新体感ホール」

観覧料:無料(入館料のみ)

演目:

『西郷さん、ザビエルさんの~ニュースリリース薩摩編~』

この男、虎視眈々と令和の鹿児島の観光PRキャラクターの座を狙っているかも?!の巻

「かごしま折々あそび展 第一回企画展」のお知らせ

四季折々のおりがみあそびや昔あそび、鹿児島弁のことばあそびを通して、

鹿児島の歴史や文化をを学べる「かごしま折々あそび展」。

令和4年度は毎月第三日曜日に「あそび体験会」を開催しています!

スケジュール

●「折々あそび展」常設展示●

展示期間:令和4年8月6日(土)~令和4年9月19日(月・祝)

場所:維新ふるさと館1階あそんでみやんせコーナー

 

●「折々あそび展」体験会内容●

開催日:毎月第三日曜日午後1時~4時(事前申込不要、所用時間20分〜30分、随時対応)

(体験内容は、下の表をご覧ください。)

場所:維新ふるさと館1階あそんでみやんせコーナー

   入館料大人300円、小人(小・中学生)150円

※体験会参加の際は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。

 

 * おりがみあそび *

   つくるん (原田 美夏)

身の回りのものを生かした工作やおりがみを、SNSやワークショップで紹介。

リサイクル工作講師。イラストレーター。日本折紙協会公認講師。

同公募展アイデア賞(2019)、下中邦彦賞(2020)、佐野康博賞受賞(2021)受賞

イラスト出版/「鹿児島ことばあそびうたかるた」(南方新社)

「ぐるっと一周!鹿児島すごろく」(燦燦舎)他

 

 

  * むかしあそび *

 こまのミゾさん (溝脇 直規)

伝承遊びの楽しさを広めるためにこま回しを中心に活動中。

日本こままわし協会(段位認定員)。

NPO法人日本子どもと伝承遊び学会理事。

 

 

 

 

友野 勝彌 

昭和18年生まれ。日置市東市来町湯之元で育つ。

鹿児島大学教育学部中等卒業後、県内の小・中学校で教員をしながら美術活動もしていた。

定年後、鹿児島国際大学児童学科の非常勤講師を9年務める。

制作/「湯之元の昔わらべ遊び絵巻」「湯之元歴史絵巻」

 

 

 

 

福宿 玲子

昭和11年吹上町生まれ。鹿児島の昔話や遊びを伝える活動に携わる。

こけけ読み聞かせ隊会員。語いもんそ会会員。

著書/「ふるさとのわらべうたとあそび あすっがー」(南日本新聞開発センター)

 

 

 * ことばあそび *

植村 紀子

志學館大学非常勤講師。日本児童文学者協会会員。

第12回かぎん文化財団賞受賞。創作活動や講演会活動に携わる。

2014年、「TED×Kagoshima」に出演。

著書/『鹿児島ことばあそびうた①②』(石風社)

シリーズ第3弾も今夏発行予定。

『かごっま言葉玉手箱』(南日本新聞社)等。

令和4年度前期「かごしま折々あそび展」のお知らせ

四季折々のおりがみあそびや昔あそび、鹿児島弁のことばあそびを通して、

鹿児島の歴史や文化をを学べる「かごしま折々あそび展」。

令和4年度は通常の企画展に加え、4月から毎月第三日曜日に「あそび体験会」を開催します!

スケジュール

●「折々あそび展」常設展示●

展示期間:令和4年8月6日(土)~令和4年9月19日(月・祝)

 

 

●「折々あそび展」体験会内容●

開催日:毎月第三日曜日午後1時~4時(事前申込不要、所用時間20分〜30分、随時対応)

(体験内容は、下の表をご覧ください。)

場所:維新ふるさと館1階あそんでみやんせコーナー

   入館料大人300円、小人(小・中学生)150円

※体験会参加の際は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。

 * おりがみあそび *

   つくるん (原田 美夏)

身の回りのものを生かした工作やおりがみを、SNSやワークショップで紹介。

リサイクル工作講師。イラストレーター。日本折紙協会公認講師。

同公募展アイデア賞(2019)、下中邦彦賞(2020)、佐野康博賞受賞(2021)受賞

イラスト出版/「鹿児島ことばあそびうたかるた」(南方新社)

「ぐるっと一周!鹿児島すごろく」(燦燦舎)他

 

 

  * むかしあそび *

 こまのミゾさん (溝脇 直規)

伝承遊びの楽しさを広めるためにこま回しを中心に活動中。

日本こままわし協会(段位認定員)。

NPO法人日本子どもと伝承遊び学会理事。

 

 

 

 

友野 勝彌 

昭和18年生まれ。日置市東市来町湯之元で育つ。

鹿児島大学教育学部中等卒業後、県内の小・中学校で教員をしながら美術活動もしていた。

定年後、鹿児島国際大学児童学科の非常勤講師を9年務める。

制作/「湯之元の昔わらべ遊び絵巻」「湯之元歴史絵巻」

 

 

 

 

福宿 玲子

昭和11年吹上町生まれ。鹿児島の昔話や遊びを伝える活動に携わる。

こけけ読み聞かせ隊会員。語いもんそ会会員。

著書/「ふるさとのわらべうたとあそび あすっがー」(南日本新聞開発センター)

 

 

 * ことばあそび *

植村 紀子

志學館大学非常勤講師。日本児童文学者協会会員。

第12回かぎん文化財団賞受賞。創作活動や講演会活動に携わる。

2014年、「TED×Kagoshima」に出演。

著書/『鹿児島ことばあそびうた①②』(石風社)

シリーズ第3弾も今夏発行予定。

『かごっま言葉玉手箱』(南日本新聞社)等。